復縁で「男性の別れ際の言葉」があてにならない理由

復縁屋で調査・工作を担当しているTです。

男性の別れ際の言葉には、意味がぼやけていて正確に理解しづらいものが多くありますよね。結論から言うと、別れ際の言葉を気にする必要はありません。

それでも「こんな言葉にはどんな意味が込められているのか、男性視点で答えてほしい」という質問をいただくことがあります。ほんの一例ではありますが、男性が別れの言葉として選択しがちな言葉について説明します。

 

男性にとっての「別れの言葉」とは

僕は女性・男性両方からのご依頼を担当していますが、別れ際の言葉は女性のほうが理路整然としていると感じます。一方で男性は「好きかどうか分からなくなった」等のあいまいな言葉で誤魔化しがちです。実際には別の恋人の存在が隠れていることも珍しくありません。

 

 

別れる表向きの理由には、別れの時に想定するリスクの違いが反映されています。

たとえば、女性から別れを切り出した場合を考えてみてください。状況にもよりますが、つきまとい行為や外聞が最もきになるのでしょうか。社会的にも肉体的にも女性のほうが弱いですし、トラブルに発展した場合に周囲が支持してくれるような、筋道だった理由が必要ですね。

これが逆に、男性から女性に対して別れを告げる場合は、事情が異なります。男性は何よりも女性の怒りを恐れます。逆上されて怒鳴りつけられたり、あるいは女性の面子を潰してしまうことが怖いんです。ひとまずその場から逃げるための方便や、ありがちで無難な別れ際のセリフで誤魔化してしまうんですね。

現に男性に対して復縁意思の聞き取り調査を行うと「勢いあまって考えなしに別れを告げてしまった」と答える人が多くいます。

 

復縁屋の最も重要な仕事は「別れた理由の調査」

僕は、自分の仕事の中で「別れた理由を正しく見定めること」を最重要視しています。復縁工作の計画進行のためにも大事ですが、何よりご依頼者様の心の慰めになります。

別れた原因があやふやなままだと、ますます不安になるだけです。物事をはっきりさせることで、不眠や集中できない状況にも少しは穏やかさを取り戻せます。別れた原因がわかっただけで、工作前に復縁に成功する可能性もあります。復縁調査について僕たちは「初動」と位置付けていますが、何事も初動が肝心です。

 

よくある別れ際のセリフ

僕が調査・復縁工作のプランを練る際は、男性の別れ際の言葉も参考にしています。ご依頼者様から聞くことの多い言葉を中心に解説します。

 

「ルーズな性格」だと言われた場合

男性から「だらしない・ルーズ」と言われた場合です。金銭感覚・時間・仕事・家事のどれが指摘対象かは、話の流れで大体掴んでいるのではないでしょうか。一点注意してほしいことは、あなたに対する世間一般の評価ではないということです。単に価値観の折衝が上手くいかなかった、くらいの意味しか込められていません。

まずは僕たちから、客観的な意見をお話しさせてください。それから、別れた理由と今後の対策について話し合えればと思っています。

 

「なんか違う」と言われた場合

いわゆる倦怠期や、生活環境の変化でお互いの価値観が変わってきているときの言葉です。

「自分の好みでないことの責任」をご依頼者様に転化している節があるので、こうした場合はターゲットに自己反省を促すような工作をしています。やはりご自身を責める必要はありません。

 

「今は忙しい」と言われた場合

彼女・妻に責任はないことのアピールで、本人からすると謝罪の意味も込められています。僕はこの場合、浮気調査・別れさせ工作を視野に入れて行動しています。まずは真実を確かめることが大切です。

 

特に相手はいないのに「他に好きな子が出来た」と言われた場合

こちらも浮気調査・別れさせ工作を伴いますが、実際に浮気や新しい恋愛に発展していることはあまりありません。片思いや一夜限りの状態のまま、前後不覚になって勢いで別れを告げている可能性があります。この場合、スピード感のある調査と復縁工作を意識しています。

 

言葉を深読みしてしまうと、復縁後に後遺症を残すことも

 

一旦僕たち第三者に復縁工作をお決めになった場合、言葉を深読みしないようお伝えしています。ノイローゼや精神症状の原因になりますし、復縁後も不安症状に苦しめられては元も子もありません。再び彼氏やご主人との関係がギスギスしてしまうと、そこからの修復は難しいと感じています。

僕たちのメンタルケアは、復縁した後の持続・ゴールインを強く意識しています。率直に言うと、単に二人の再会を演出するだけなら、フリーの探偵でも出来るでしょう。ただ、ここから次のより大きい不幸に繋がるのは避けられません。専門家集団である復縁屋の一員として、総合的なカウンセリング体制には絶対の自信を持っています。別れたショックで考えが行き詰まったり、復縁したい気持ちで1~2週間以上も頭がいっぱいになるようであれば、必ず相談しにきてください

他の工作員・調査員共々お待ちしています。

 

 

男性の「別れ際の言葉」が疑問と苦しみを残す様子を、復縁屋として多数目撃しました。ここでは、定型文のような別れ際のセリフに込められた意味を紹介しています。ただし、言葉を深読みするのは禁物です。お決まりのセリフにはほとんど意味がありません。復縁屋では工作前に必ず調査を行い、まずは「正確な別れた理由」を確かめます。ひとりで考え込んでしまう前に、必ず助けを求めてください。豊かな復縁調査・復縁工作を元に、悩みのヒントを提供します。