復縁・恋愛用語解説:バールとノンバールコミュニケーション

いわゆる、人と人、或いは意志を持った生物との、意思の疎通を「コミュニケーション」といいますが、このコミュニケーションの方法を、言語(会話や手紙、メールやchat)と言語以外で分類する事が出来ます。

この言語以外(非言語)のコミュニケーションをノンバールコミュニケーションといいます。

言語にコミュニケーションが、比較的意識的に行われている行為で、かつ、明瞭に行われているものにたいして、非コミュニケーションでは、意識的なもののほか、無意識に行うものもあり、解釈も多様です。

人間における、非言語的コミュニケーションの例としては、顔の表情、顔色、視線、身振り、手振り、体の姿勢、相手との物理的な距離の置き方、沈黙の継続、抱擁やキス、愛撫などがあり、このほかにも、装飾や服装、時間での変化など言葉以下のすべてのコミュニケーション要素が含まれます。

恋人や夫婦の間では、何気ない会話などの言語的コミュニケーション以外でも、空気となってしまいがいちな非言語コミュニケーションがきわめて重要となり、時として言葉の不足を補うばかりか、一層の安心感を提供する要素となります。


復縁相談で、相手との接し方が判らないというご相談を頂くことがあります。元来、言葉以外での意思の伝達は、「目は口ほどに物を言う」などのことわざがあるとおり、極めて重要で、そうして行為に無頓着ではお互いの関係が物足りなく、不安定な物になりがちです。復縁工作や復縁のための別れさせ屋(工作)での実施でも初対面どうしの気が合うかどうかいう要素を、言葉以外の部分でのコミュニケーションを意識し、また、類似性の原則を意識することで、成功確率を高いものにしています。


同じカテゴリーの記事

復縁屋株式会社による、復縁・恋愛用語解説。今回は、バール(言語)とノンバール(非言語)コミュニケーションの解説です。無意識にしていることを整理して意識してみると以外な効果が期待できることがあります。大切な人には全身で大切さを伝えるようにしましょう。ただし、でもやり過ぎは禁物です。
復縁屋株式会社
復縁屋 - 無料電話相談
2018年03月04日 | Posted in 復縁屋からの復縁テクニック | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud