恋愛で自分を安くしない。復縁の時も困難になります。

復縁屋の復縁アドバイザーTです。

今回は陥りがちな恋愛の錯覚です。

女性は自分を安売りすべきではないと思っています。
もちろん男性もそうなのですが、男性の場合、たとえセックスまでして、その相手がとんでもないひどい女だったとしても、大した落ち込みもなくすむものです。
一方、女性の場合は一旦男性に感情移入してしまう方が多いので、その男性の心根が悪かったり、憎悪を持っていたり、人を見下しているような場合、その汚れた心が女性の心理に入り込んでしまうのです。セックスまで行かなくても、好きになって信用した段階でもそうですよね。

好きになって信用したのに、その男性がひどい言動をしていたり、暴力的だったり差別的だったり。気分を害するほどの嫌悪感を感じるのは女性特有です。
ですから、女性は慎重であっていいと思いますし、当然自分を安売りしてはいけないのです。


復縁工作や復縁のための別れさせ屋(工作)をご依頼いただく方の中で、自分が軽く扱われているとい感じる方がいらっしゃいます。その気持ちはなかなか認めたくなく、認めることで自分の価値が失われそうな気がしますが、すでに相手との対応において、そういった軽んじられる行為を繰り返しているケースが多くあるのも事実です。

もちろん、相手にとって重くなる必要はありません。

自分の価値として、相手にふさわしい自分で居るように、軽くならないことが重要なのです。


同じカテゴリーの記事

復縁屋からお贈りする恋愛復縁コラム。今回は復縁相談、復縁工作の実施を行っている、アドバイザーTによるコラムです。
相手の要求されるままに、身体を許したり、時間を作ったり、なにもかも相手の都合に合わせるというのは、思いやりや優しさではなく、軽く思われる要素となります。
復縁屋株式会社
復縁屋 - 無料電話相談

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud