長く愛するために。恋愛中も復縁後も。

復縁屋株式会社の復縁カウンセラーSです。

愛し合ってスタートした恋愛も時間が経つにつれて「ときめき」や「緊張感」などが少なくなり、気が付いたら退屈な交際になっていることがあります。

「どうしたらまた最初の頃のように楽しい付き合いができるのか?」
「倦怠期を乗り越える良い方法は?」

復縁カウンセラーの私は時々このような質問を受けることがあります。マンネリ化した恋愛関係は時には破局につながることもあるので、そのような状態を改善できるように色々なアドバイスをしています。

先日も「付き合っていても恋愛している感じがしなくて別れたけれど、今になって元カレがすごく大切な人だというのを実感した。どうしても復縁したい」と復縁相談に来た女性がいました。
彼女の話によると恋愛がスタートした頃はとても盛り上がっていたそうです。しかし付き合って2年を過ぎる頃からお互いのテンションが下がってきて、ある日元カレから別れを告げられたのです。彼女は最初はそれ程ショックを受けなかったそうですが、時間が経つと心の中に穴があいてしまったような感覚に襲われたとのことです。

しかしこのようにマンネリ化した恋愛が原因で別れるカップルがいる一方で、付き合いが長くても幸せな日々を過ごしているカップルもいます。

では破局してしまうカップルと長続きするカップルの違いはどこにあるのでしょうか?

信頼関係が足りないために元カノや元カレと破局

男女の付き合いが長くなればドキドキしたり、ワクワクすることが少なくなるのは当たり前でしょう。しかし本当に愛し合っていて2人の間に信頼関係が築かれていれば、恋愛初期のような高揚感少なくなっても、安心感を得ることができるので一緒にいて幸せを感じるのです。
しかしこの信頼関係が築けていないカプッルでは、時と共に恋愛関係を続けることが難しくなってしまうのです。
信頼関係があればお互いに寄り添う気持ちがあるので、言葉は交わさなくても一緒にいるだけで心が和み良いムードに包まれます。このようなカップルは喧嘩したり、忙しくてなかなか会えなかったりしてもそう簡単には破局しません。
しかし信頼関係が欠如していれば、相手に対して猜疑心、不安感、不満などを感じるようになり、ちょっとした事でも気まずい雰囲気になってしまうのです。些細なことで喧嘩になったり、相手の気持ちに無関心になったりと、気がつけばお互いの間に埋めることのできない溝ができてしまいます。

男女が一度別れてしまうと復縁するためには非常に多くの労力が必要になります。そこで手遅れにならないうちに「ちょっとマズいな」と感じたら信頼関係を築くように努力しましょうと私はアドバイスするのです。

復縁のために距離感と多面性を身につける

信頼関係の他にも恋愛を長続きさせるために必要なことがあります。それは相手を惹きつける魅力です。

男女が付き合い始めてしばらくすると、それまで魅力的に思えていた相手がごく普通の人に見えてくることがあります。別に嫌いになるわけじゃありませんが、以前は輝かしかった相手の魅力が見えづらくなってしまうのです。

そこで長く愛されるための魅力について考えてみます。
美しく、理知的、そしてお色気がある女性だったら男性を永遠に魅了することができるのでしょうか?
確かにこのような完璧に近い女性は魅力的で男性の目を引くでしょう。しかしそれは瞬間的なものであって、その後長い間男性を引きつけておけるとは限りません。
恋愛するために重要なのは相手を魅了し続ける「持続する魅力」なのです。

さて私から見て持続する魅力を持つ女性とは「人との距離をうまくとれる」「多面性を持つ」というタイプの女性です。

◎距離感

男女の付き合いでは適切な距離感が保たれてこそ、お互いに心地よい関係が続けられます。
この距離感を取ることができずに必要以上に相手に近づきすぎると敬遠されがちです。実際に「元カノがしょっちゅうメールや電話をしてきたりするのが鬱陶しくて別れた」
との男性の話もよく耳にします。
ところが距離を置いてクールにしていれば、今度は男性が浮気する可能性が高くなります。
束縛されるのは嫌だけど、放って置かれるのも嫌だ。
男性は何歳になっても手のかかる子供みたいなところがあるのです。
つまり「付かず離れず。側にいてくれるけど邪魔にならない存在」が男性にとっては心地よく、恋愛が長続きするのです。

◎多面性

男性は一面的な分かりやすい女性に瞬間的に惹かれます。ところがいざ恋愛を始めてみると、男性はそんな女性の分かりやすさが退屈思えてしまいます。
恋愛を持続させるには「おや、こんな部分もあったのか?」と付き合っていて意外な部分を覗かせることのできる多面性が必要です。
「可愛くて守ってあげたいと思っていたら、自分がピンチの時に母親のように叱咤激励してくれた」
「普段は気が強くて生意気なのに、悲しい映画を見て号泣していた」
このような意外な一面に男性は惹かれてしまうようです。

この距離感と多面性は復縁するためにも忘れてはならないポイントです。

専門家の視線で復縁への適切なアドバイス

相手から別れを宣告されても、様々な努力や復縁工作、復縁のための別れさせ屋(工作)が功を奏して元カレ/元カノとの復縁が叶ったとしましょう。しかし上記のように「長く愛されるためのポイント」を押さえていなくては、また関係がマンネリ化して破局になってしまうリスクがあります。
復縁屋の目的単なる復縁のみならず、復縁した2人が再び別れることなく末長く幸せな日々を送ることです。
一時的な復縁ではなく、ハッピーエンドへと続く関係を望むのであればぜひ復縁屋にご相談にいらしてください


復縁工作のご相談で、相手の信頼を失ってしまった。あるいは、相手が自分に飽きてしまったというものが有ります。信頼を失う理由は様々で、何かを行ってしまったとき。或いは何もしていないときでも、信頼は失われていきます。最初は湿っていた砂で作られた山が、乾いてくると崩れるように、変化は徐々に訪れるため、当事者にはなかなか意識することが出来ません。

信頼とは、何もしなくても手に入ったり維持したり出来るものではなく、気持ち、努力、そして眉目に見える形での相手への日々の行為が必要なのです。


同じカテゴリーの記事

復縁屋からお贈りする恋愛復縁コラム。
今回は心理面からの復縁相談や、復縁工作監督を行っている、アドバイザーSによるコラムです。
信頼はどのようにしたら手に入るのか。或いは失われていくのか。好きな人にずっと好きで居て貰う。いつしかそれが信頼へとつながり、長い日々をずっと共にいられるように。
復縁屋株式会社
復縁屋 - 無料電話相談

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud