いろいろな出会い。自分と同じ趣味の人を見つける方法

復縁屋株式会社の復縁カウンセラーNです。

「復縁屋」、「復縁カウンセラー」というのは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
でも、「復縁」という言葉から、どういう意味かは、大体分かるのではないでしょうか。
言葉どおり、復縁屋というのは、夫婦の関係が崩れてしまったときに、それを元に戻す、復縁させることを業務としているのです。
もちろん、夫婦の関係に限らず、恋人どうしなどの場合でも、お引き受けいたします。

本当に復縁出来るのだろうか、と首を傾げる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、夫婦や恋人の関係は一度こじれると、泥沼のような深みにはまってしまいます。
でも、復縁屋はプロの集団です。
復縁したいと思い、復縁屋に相談していただければ、泥沼から救いだし、泥を拭きとって、元の関係に戻すことが可能なのです。

復縁屋の復縁工作は、先ず、相手方を探し出すことから始まります。
復縁屋には、興信所で行方不明者捜索を行っていた、その道の専門家がいますので、必ず探し出すことが出来ます。
その方に接触出来たら、次は心理学の専門家の出番です。
相手の方と、しっかりとお話しいたします。
納得がいくまで、辛抱強くコミュニケーションを続け、心を変える手助けをいたします。

その一方、ご依頼者さまともお話しをいたします。
復縁をするには、相手方と同時に、ご依頼者さまの心を変える必要もあるからです。
こうして、双方の心が変わり、新しい気持ちで、新たな第一歩を踏み出していただくのです。

そんなことが可能なのだろうか? と思われるかもしれません。
大丈夫です。
われわれ復縁屋は、スペシャリストのグループです。
お任せください。

復縁工作の具体的事例

2年前のことですが、27歳のY子さんという女性の方から相談を受けました。
彼から突然に別れ話を切り出されたというのです。
驚いたY子さんは逆上してしまい、喧嘩になり、彼は行方不明になってしまいました。
Y子さんからの依頼は、彼を探し出して欲しい、そして出来ることなら元通りの関係になりたい、ということでした。

先ずは、行方不明捜索者の出番です。
Y子さんから彼の、郷里のこと、交友関係や趣味などを聞いて、大阪にいると断定しました。
そして、梅田でバイトをしていた彼を発見したのです。
ちなみに、Y子さんは、彼が大阪にいるなどとは、思いもよらなかったそうです。

相手を探し出したならば、次は、実践心理学のプロである私の出番です。
私は、彼に接触し、Y子さんと別れたわけを聞き出しました。
彼の話によると、つい出来心で別な女性と関係を持ってしまい、Y子さんに顔向けできない、と身を引くことにしたそうです。
彼は、純真にY子さんを愛していて、それだけに「申し訳ない」という思いがあふれていたのです。

一方、Y子さんとも話し合いました。
Y子さんは、別れ話を切り出されたとき、感情的になり、怒り、泣き叫んだそうです。
感情的になるのは、まあ当然のことなのですが、これはやはりまずいことなのです。
Y子さんに、広い心で、彼をもう一度受け入れるように言いました。
彼が反省しているように、Y子さん自身も反省すべきところがあると説得したのです。
Y子さんもまだ彼を愛していましたから(だからこそ復縁屋に相談に来たわけです)、私の話を納得してくれました。

そして、無事にお二人は元の鞘に戻ったのです。
つい先日、お二人から、子供が出来たとの嬉しいお手紙を頂きました。
復縁屋をやっていてよかった、とつくづく思いました。

復縁相談から派生して

Y子さんの案件では、プラスアルファが付いていました。
Y子さん自身の案件が終了してから半年後に、Y子さんから相談がありました。

Y子さんの妹さんのA子さんのことについての相談です
A子さんは、かなり内気の人で、これまでボーイフレンドが出来なかったそうです。
復縁屋は心理学のプロだから、何とかしてもらえないか、という相談なのです。

これは復縁屋という本職からは外れることですが、人の心に関することとですから、決してわれわれと無縁のことではありません。

私はA子さんと、いろいろなことを話し合いました。
その結果、A子さんは、かなり内向的であることが分かりました。
また、歴史が大好きで、とくに室町時代の荘園に興味があることが分かりました。
A子さんは、「女らしい趣味ではありませんよね」と言うのですが、そんなことはありません。
特定のことに趣味を持っていて、それに集中するというのはすばらしいことです。

A子さんには、インターネットを通して、同じ趣味のコミュニティーに参加したらどうか、と丁寧にアドバイスをしました
世の中は広いですから、同好の士は必ずいるのです。

A子さんは、荘園関係のコミュニティーで積極的に発言をしました。
ネット上ならば、相手が見えないので、積極的に発言出来たのです。
そして、とうとう、オフ会にも出て見たい、と思うようになりました。
私は、オフ会での話し方についてアドバイスをしました。
現在は、オフ会で知り合った教育委員会の方を通して、独身男性とお見合いをして、現在は交際が続いています。

復縁屋にご相談下さい

世の中にはさまざまな誤解、すれ違いがあります。
その結果、別れてしまうという不幸が起きます。
でも、なんとか夫婦の仲を元に戻したい、元カレ(あるいは元カノ)に戻ってもらいたい、と思いませんか?

もしほんの少しでも、「復縁したい」という心があるならば、1人で悩むことはありません。
スペシャリスト集団である復縁屋にご相談下さい。
いままでの暮らしの範囲から、違う明日を手に入れるには、最初の一歩を踏み出すことが重要です。


復縁工作や復縁のための別れさせ屋(工作)の工作成功率を上げるポイントの一つは、復縁工作員が、相手の方との共感性が高い人材を登用することです。まったく異なる価値観をもと同性よりも、似た価値観や境遇の方が、より友人関係をスムーズに築くことが出来ます。


同じカテゴリーの記事

復縁屋からお贈りする恋愛復縁コラム。今回は復縁相談、復縁工作の実施を行っている、アドバイザーNによるコラムです。「出会いがない」「いいことが居ない」となげいていても、異性が向こうからやってくることは困難です。自分から新しい環境、新しい友人を作っていけば自然といろいろな交友が広がり出会いも必然的に増えていきます。
復縁屋株式会社
復縁屋 - 無料電話相談

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud